T.出入国および在留手続き
    1. 入国     2. 滞在と再入国

U.租税制度
    1. 主な税目     2. 税目別検討事項

V.会計制度
    1. 韓国企業会計基準の構成     2. 会計監査制度
    3. 内部会計管理制度     4. International Financial Reporting Standards(IFRS)

W.人事労務制度
    1. 労働法についての概要     2. 労働条件

X.社会保険制度
    1. 雇用保険     2. 国民健康保険
    3. 国民年金     4. 産業災害補償保険
    5. 賃金債権保障法

Y.外国為替取引法上の借款導入制度
    1. 一般借款導入制度     2. 1年未満の運営資金借款制度
3. 内部会計管理制度
  (1) 内部会計管理制度の定義及び範囲

現行の外部監査に関する法律では、外部監査対象会社(証券上場法人ではない直前事業年度末の資産総額が1千億ウォン未満の会社は除く)が会計情報の作成と公示のために次の各事項が含んだ内部会計管理規定と、それを管理・運営する組織をもたせるようにした強制的な規定を設けている。この時に、内部会計管理規定およびそれを管理・運営する組織を"内部会計管理制度"といい、会社の代表者は内部会計管理制度の管理・運営を責任持ってそれを担当する常勤理事1人を内部会計管理者として指定する。内部会計管理者は事業年度ごとに理事会および監事(監査委員会含む)に会社の内部会計管理制度の運営状態を報告しなければならない。

  会計情報(会計情報の基礎となる取引に関する情報を含む)の識別・測定・分類・記録および報告方法に関する事項
  会計情報の誤謬を統制し、それを修正する方法に関する事項
  会計情報に対する定期的点検および調整など、内部検証に関する事項
  会計情報を記録・保管する帳簿(磁気テープ、CD、その他の情報保存装置を含む)の管理方法と偽造・変造・毀損および破棄防止のための統制手続きに関する事項
  会計情報作成および公示に関した役員・社員の業務分担と責任に関する事項
  その他、信頼できる会計情報作成および公示のために必要な事項

内部会計管理制度は、会社の財務諸表が"一般的に認められる会計処理基準"により作成・公示がなされているかに対する合理的な確信を提供するために設計・運営される内部統制制度の一部分で、 内部統制制度の3つの目的、すなわち、運営目的、財務報告目的、法規遵守目的のうち、財務報告目的(特に財務諸表の信頼性確保目的)をその目的とし、そこには資産保護および不正防止プログラムが含まれる。また運営目的や法規遵守の目的に関する統制手続きが財務諸表の信頼性確保に関連している場合には、その統制手続きは内部会計管理制度の範囲に含まれる。

(2) 内部会計管理制度の設計及び運用と評価

外部監査に関する法律上での内部会計管理制度に関する規定が制定されたことにより、内部会計管理制度の設計および運用のための理論および原則として、"内部会計管理制度模範規準"が発表されている。模範規準は、会社が内部会計管理制度を設計・運営・評価・報告(以下、運営および評価という)するのに必要な基本原則を提示することにより、会社が合理的かつ効果的な内部会計管理制度を構築できるように支援し、それを通して会社が公示する財務諸表の信頼性を高めることを目的とする。しかし、模範規準が会社別に相違した業種の特性と固有の事業環境をすべて考慮できないため、会社は模範規準を基本に自ら固有の内部会計管理制度を設計および運営しなければならない。但し、会社は模範規準を適用することにより、会社の規模、関連費用および効率と利益などを考慮して合理的な水準で、その内容を調整することができる。

一方、会社の代表者は、内部会計管理制度の管理・運営の責任を取り、それを担当する常勤理事1人を内部会計管理者に指定する。内部会計管理者は理事会および監事(または監査委員会)に事業年度ごとに内部会計管理制度の運営実体を報告し、監事(または監査委員会)はその運営状況に対する評価を理事会に毎年報告しなければならない。そして、その会社に対する監査業務を行う外部監査人は内部会計管理制度の運営実体報告書を検討のうえ、監査報告書に総合意見を添付するように求められている。このように、外部監査人が会社での内部会計管理制度を構築、運営することにより、その模範基準の遵守可否を検討して報告する手続きに関する基準として、"内部会計管理制度検討基準"が制定・発表されている。


内部会計管理制度運営委員会が制定した内部会計管理制度模範基準は、2006年1月1日から施行されているが、株券上場法人ではない会社として直前事業年度の資産総額が1000億ウォン未満の会社は適用から除かれる。


本情報は、各情報ソースを翻訳・要約したものであって、詳細な調査研究を代替したり、専門的判断を下すためのものではありません。それゆえ、閲覧者が本情報を読んだ結果、何らかの行為を為したり、差し控えたことによって発生した損失に対して、税務法人三友SNTAは責任を負うものではありません。特定の個別的事案については必ず適切な専門家に助言を求めてください。